サロンあるいは教育

ことば

話しことば 書きことば等があります これにリズムやメロディが付くと唄になる 話しことばや書きことばでは伝わり難いものも唄になると伝わる場合が多い 唄には 所謂楽器の演奏が付いたものもあれば 俳句や和歌のように何も付かないけれど それ自体でリズムを…

連続と不連続

途切れがないのが連続で 途切れている箇所があるのが不連続 端的に言ってしまえばこうした状況を示している訳ですが 果たして連続が自然だと考えるか それとも不連続を自然と考えるかとなると意見が分かれます 数学の世界では連続だけでは扱いづらくて もう…

ブログとfacebookとtwitter これらの関係は?

この三つにいろんなコトを書いているんですが 頭の容量を超えそうでしてなにか書き留めておかないとゴチャゴチャになりそうです twitterは140文字という制限があるから 何かについてほんの一言 facebookのwallはもう少し文字数が多いようなのでちょっとした…

マイクロフィルムの劣化

昨日の新聞に図書館で利用されているマイクロフィルムの劣化が酷く お酢の匂いだったり フィルムがぼろぼろになったりと可成りの被害が出ていると報道されていました こうした問題は実はもうずっと前に出ていた筈なんです 私の記憶でも10年以上前に 国会図書…

数学は基礎が大切って本当ですか?

よくこうした質問を受けます 基礎とか基本とか それが一体何を指すのかがよく判りません そんな話をすると大抵の人は 「あなたは数学を研究しているんでしょ その人がそんな発言するんですか?」と言われます しかし 実際に基礎とか基本とかが数学にあるのか…

てらこや

てらこやは寺子屋なのかそれとも寺小屋なのでしょうか 寺子屋だとすると 寺子のお家という意味になるし 寺小屋だとすると 寺にあるお家という意味になります 元々はお寺で何かを教える部屋とか建物といったものだったようだから 寺小屋と書いていたのが 寺に…

「手」といったときにそれは何処を指すのだろうか 「手」だけでは何処を指すのか判然しない 「手をひらひらさせる」といえば それは掌であって 腕ではない それに対して 「手を振る」といえば掌を振るのではなくて腕全体を動かす動作を示す 言葉はこうして …

本を読む

本を読むというけれども 実は 本の活字を見ているだけというのが案外多いのです これを称して本を見ると謂います 本を読むとは単に文字を追って意味を解釈して というだけでなくそこで何を考えてそれをどのように纏めるかが問題なのです 数学の証明の中に自…

サロンで何が出来るのか

塾と置き換えても構わないとは謂っても そこには違いがあります 一番大きな違いは”教わる”場所ではない点です ”学ぶ”場所です どんな違いがあるのかというと 内容ではなくて臨み方です 即ち何かの目的をもって臨んで欲しいと思います 受身ではありません だ…

翻訳での日本語

翻訳時の日本語表示がどのように変化したのかと思って国会図書館へ行ってきました 現在の翻訳ではなくて西洋文化やアメリカ文化が這入ってきた明治時代に翻訳する立場にあった者が どんな考えで臨んだのかを識りたかったのです 明治以前にも翻訳されたものは…

今月のサロンの予定

今頃になってのお知らせでごめんなさい 13日 16日 17日 22日はそれぞれ他の用事がありますので お休みとします また年末年始の予定は 判然しましたらお知らせ致します もうそうした時期になったのですね 二十四節気の大雪も過ぎ 後は冬至を残すのみです

読む-風姿花伝 序

先程 歯医者へ行くのに風姿花伝の文庫本(岩波文庫 野上豊一郎・西尾実校訂)を持って出掛けました やはりよく読んでいないのだなと実感した次第 初心などという言葉ばかりに惑わされていて 序に更なる言葉が書かれておりました 最初の文が当たり前といえば当…

ぶなやかたを塾として利用する

ぶなやかたを塾として利用される方は 最初に学校で使っている教科書と副教材とノートをお持ちください それらを拝見の上私に何が出来るのかを申し上げます 塾として利用される場合に もう一つ気にかけていただきたいのは次の事柄です 定期試験のためとか 入…

正規教員

最近の教師の問題行動をみて 現在大学卒で取れる教員資格を大学院修士過程修了とし 正規教員にするという案を文部科学省が考えているそうです 正規教員とは担任が持てる者だそうでして 大学卒に与えられるのは校務や補助をする教員だそうです こんなことをし…

習い事

世の中にはたくさんの習い事があります 習字 算盤といった馴染み深いものから 能 雅楽といったちょっと馴染みが薄いものまで 習わないと何とも仕様のないものもあります 例えば能や雅楽といったものなどは習わなければ 何ともなりません 能の謡にしても舞に…

数学に再チャレンジ

中学高校で大して興味を持たなかった数学をもう一度学びなおしてみようかと思う方は結構いらっしゃるようです そうした方の中には中学生や高校生用の本や問題集を買って 「さぁ もう一度」とチャレンジされる方もいらっしゃるようです しかし これはやめたほ…

ぶなやかたのサロンは何時も開いています

ここ二回ばかりサロンの案内をしましたのは 何人かの方々と一緒のサロンという意味で書きました 今までは個人の方でしたので こうした案内はしておりません それでぶなやかたのサロンが何時開かれているのかと聞かれましたので 改めてここに書きます 毎日午…

殿と様の使い分け

先日来気になっているのは殿と様の使い分けである 多分ExciteとかGooとかLivedoorの中の何かの記事をみているときに 殿と様をどのように使うのかが正しいかといったものがあり その項をみてみると そこに書いてあったのは相手に対しての判断基準というより自…

はやぶさ内の微粒子

大きさは0.01ミリ以下なんだそうですが 1500個も見つかって 地球のものとは異なる成分のものがほとんどであったそうです イトカワでの岩石の収集は失敗して 途中も通信不能になったりして予定を3年も過ぎて何とか戻ってきたはやぶさのカプセルの中に見つかっ…

次回のサロンのご案内-数学的なものの見方・考え方

こうしたご要望が多いので,今までは大抵一人の方と話しながらしてきましたけれども,次回は初めて複数の参加される方々と共に考えてみたいと思います 前回の歴史とは違って何かのサンプルを幾つか用意いたしますので そのサンプルに従って物の考え方や見方…

本日のサロン終了しました

参加していただいた皆さんありがとうございました 次の開催までお待ちください 数学の歴史と言っても単に事実だけを追いかけても始まりません その裏にどんな状況が隠されているのか 思想と捉えてみるという立場で今日は考えてみました 扱えたのはほんの少し…

D'où venons-nous ? Que sommes-nous ? Où allons-nous ? P.Gauguin

慣れ親しんだ言い方では 「われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか」です 別にフランス語で表現する必要はありませんがちょっと気取ってこの画は右から順に左へと見るようにとのゴーギャン自身の手紙で述べているそうです 一…

サロンの案内-数学の歴史

数学の歴史に関する(ヨーロッパを主)サロンを開きます 毎回謂っておりますように 学ぶ愉しさを味わって欲しいので単に話を聞くのではなくて お互いにいろんな話をしながら出来ればと思います日時は11月13日(土) 午後2時から4時まで 場所は ぶなやかたに…

23-Year-Old's Solar Powered Fridge Earns Her Award From Nobel Prize Winners[ 太陽で冷やす冷蔵庫で23歳女子、ノーベル賞受賞者主催オスロ・アワードに輝く!]

こんな記事が載っていました簡単に原理を行ってしまえば[気化熱]の利用です それにしても6℃に保てるというのはちょっと驚きです確か電気を使わない家電品(この表現もおかしいけれど)を作っている人がいたと思います この人も冷蔵庫をつくっていますが 値…

「米国には博士号持ってる清掃作業員が5000人いる」という記事

これを読んでどう考えるか/感じるかですねある意味何も不思議はないと思います アメリカはかなり前から博士号を乱発していましたから 今更という感です 要するに博士号を持っているのが不思議だと思えるような能力なのに博士号が与えられてしまっているので…

零の発見-位取り

前に零の発見はゼロという概念の発見だけでなくて 0という記法の発見でもあった 従って10進法の発見でもあったと書きました 10進法が何を意味するかは大抵の方はご存知だと思いますが 改めて説明します 2進法というのは0と1だけで表す方法なんですが 0の次…

ぶなやかたのサロンを文字で表すと

ぶなやかたの活動を幾つかの文字で表すとするなら というのを考えてみました 一文字となると年末の清水寺管主の方の文字を思い出します 元々数学出身ですので三文字にしてみました 光 と 慧 と 寛 いろんな気持ちを削ぎ落としましたので 皆さんそれぞれに そ…

時の経つのは

早くてと愚痴をこぼすのは決まってある年齢以上の方々です 私はそのお仲間なのかそれともそうでないのかを自覚しておりませんので何とも申し上げられません 前にぶなやかた通信に書いたので繰り返しになると思います そこで書いたのは一年は年齢分の一に感じ…

お茶の保存

煎茶というより玉露或いは抹茶の保存なんですが 煎茶や番茶焙じ茶と違って抹茶や玉露は それ程沢山喫むわけでもないから どうしても保存をしっかりしないと折角のお茶が不味くなってしまいます 大抵は缶に入れて陽が直接当たらないようなところに置いておき…

零の発見

このことについてよく云われているのは「零 = 無」という概念の話です 実際無の概念からゼロの概念が生まれたのは事実ですが それだけで零の発見と言うには片手落ちです 概念を表す記法としての「0」が考え出されたのが重要なのです 例えばよく見かけるロー…