詩型

結露が煌めいて

おはようございます 窓には 昨夜除湿機をかけないまま寝てしまったので 結露ができています そこに朝日があたって 煌めいております 部屋の反対側の窓から外をみれば 月がこれから沈もうとしております そんな景色を愉しんでいます 写真を撮ったときには ち…

皆既月食

おはようございます 昨晩は 皆既月食をご覧になられた方も多かったのではないでしょうか 寒いなか 周りの灯りを気にしながら空を見上げて天体の不思議さを感じたのでしょう 今朝は 冷え込んだようで 裏の畑には 一面に霜が降りたというより 霜が覆い被さった…

雪吊り

こんにちは 穏かな日になりました 先日ラヂヲで 兼六園の雪吊りの話がありました 作業しているところを見たいような 怖いような 高所恐怖症の私は話を聞いているだけで 掌には汗が.... もうひとつ 菰囲いもありますね これは虫退治と聞いたのですが 必ずしも…

生きてきた証

おはようございます 年賀状を書き始めましたが 挨拶というより 毎日なんとかやってますよ という確認になりつつあります それだけ長く生きてきた証なんでしょうね 今日も午前中に用事があるので その準備をしなくてはなりません と謂いつつこうしてパソコン…

氣になる季節になってきたんですね

おはようございます 今朝も冷えましたね 布団からでるのが嫌になります 遠くを走る車が跳ねる音 雨なのか それとも ひょっとして 雪が融けたのかと そうした氣になる季節になってきたんですね さて 今日中に「大きな数と無限」の最後のところを書き上げよう…

志はす

おはようございます とうとう「志はす」になりました 師走と書くものとばかり思っていましたら どうやらそうではなくて 歳果(としはく)の略らしいのです だから [萬事 爲果(シハク)の月」の意味らしいいので 「師が走る」という意味は何処にもないようです

「八頭」

こんにちは 寒そうにみえるけれども 意外と外は暖かです 今朝も 野菜市のお手伝いにいってきました 皆さんから聞かれるのが「八頭」の料理の仕方 あんまり接する機会がないのでしょうか 若い人は この大きな塊をどのようにすればいいのか見当がつかないよう…

原稿書き

おはようございます 最近 戴いた蕎麦茶を 毎朝飮んでおります 甘い香りがいいですね 何度も淹れられないのが欠点といえば欠点なんでしょうか 偶には お茶にしないで 煎った実自体をポリポリ食べております 香ばしくて 口に合います 扨て 今日は「ペンの日」…

中華饅頭をひとつ蒸します

おはようございます 今日は小雪で それに合うように 今朝は冷えています 窓には 台所で使った饅頭蒸し器の所為で 曇ってしまいました 冬になると この饅頭蒸し器が おおいに活躍します 元々は ちょっと固くなった 酒蒸しや薯蕷饅頭などを蒸すためのもので ひ…

広源寺の時鐘

おはようございます 毎朝六時には 川越街道沿いにある広源寺の時鐘が撞かれます ときどき眼が覚めているときは聞いていますが 今朝は寒さの所為なのか 音が澄んで聞こえました 気持の上でそう感じたのか それとも 気温や湿度や風向きなどといった気象条件に…

気温は低そう

おはようございます 今日は一転して 空は碧く 窓から見る限り雲もない 風も穏やかで殆ど無きに等しい だけど これだけ晴れているのだから 気温は低そう 余震と思われる地震が まだ続いている 何時になったらある程度収まるのだろうか 復興が進んでいるとは言…

別の空間

おはようございます 昨日は一日雨でした 寒くもあり 外へ出た身にとっては 少々きつかった 雨に濡れるというのもあって そうしたなかでの能樂堂 合間 合間の会話の声も 演目が始まったと同時に全てが 能というものによって遮断され 其処は何処とも違う 別の…

重なった

おはようございます きょうは一日雨のようです 予報では激しく降るとも言っております 朝のラジヲを聞いていましたら リンカーンがかの有名な演説をゲティスバーグで行なったのが今日なんだそうです そして 今日はまた吉井勇の命日でもあります 重なったんで…

紆行ったり 拈ったり

町田の眼科へ定期検査 もっと早く行く予定だったのが 脚を痛めたために今日になってしまった ほぼ半年振り 明日からは崩れるという予報だし 来週は寒いというので 急遽今日出掛けました 矢張り歩くにはまだ時間が必要以上にかかる 大体倍近くかかってしまう …

今日は夏至

その所為ではないけれど 気温が上っております 30度を越しそうな気配 こうなると お水とコレが必要になってきます 昨日に続いて いくつかの句を6/11〜6/21風ぬるく 嫌な予感の ゲリラ雨 6/11 結局大して雨は降らなかった灯籠で 灯りの鵜飼 妙壽寺に 6/12 代…

5/28〜6/10

こんな句(といえるかどうか)を作っていた雨降りに 長靴履いて 駆け出す子 5/28 台風二号接近中台風の 前の静けさ このままに 5/29台風は 土産残さず 去るが良い 雨止んで 風収まらぬ 梅雨闇 5/30衣替え 濡れて活き活き 碧の葉 6/1葉は濡れて 汚れ落して 蝸牛…

疲れが出た

翌日に疲れが出た まだ若いってことかと一人で合点 だが疲れたと感じている箇所は 腰にあらず 何故か腕なのだ どうして?と問いたくなるが....話し変わって【閑話休題】 facebook で紹介した渡辺啓助のページは面白いですよGallery Oculus // 渡辺啓助の部屋…

台風1号

早い発生なのかな 天気図を見ると宮古島 石垣島あたりに中心があるように見える 本州には停滞前線があるのでしばらくはすっきりしない天気が続きそう たしか沖縄地方は既に梅雨入りをしたと記憶している 五月も半ばなのだから そうなんですね もう 五月半ば…

端午の節句

男の子のお祭り 菖蒲湯 かしわ餅 ちまき 武者飾り そして鯉のぼり 腹いっぱい はちきれんばかり 鯉のぼり 碧空

投票してきました

ヘルメットを被り 手袋をし ズボンの裾を留めて いざ投票所へと 自転車を駆って行ってきました というほどの距離ではありません 裏の畑が横切れれば 横切ったすぐ先ですから その後お昼ごはんを線路の向こうのお店まで チョットわざと遠回りをして行ってきま…

穏やかな一日

久し振りに穏やかな一日となっています 自分の気持もそれを感じられうようになりつつあるのかもしれません穏やかな 日もあると識る 震災後 碧空

こと

言葉の感覚が人と違うとの意識は持っていますが 何に依るのかは承知していない そうかといって 言葉を使う際に何時も同じような遣い方をするのかというと必ずしもそうではなくて その時の気持ちの持ちように大いに左右されるそうした言葉の中で 気になって仕…

心を平らに

昨日の夕方から続く地震によって可成り参っているなとの自覚があります 遠く離れたここですらこれほどの思いをしているのですから 被災地では と思うと何と言っていいのか言葉も何もありません精精自分が出来る心を落ち着ける方法は ゆたりとした深呼吸を更…

持続可能な支援

今回の東日本大震災で私ができる持続可能な支援(実際は支援までいかず 何と謂って良いのか判らない)はなんだろうかと最近考える 以前ユニセフやフォスター・ペアレントに毎月何がしかの寄付を何年にも亘りした経験がある 今回もそうした参加も考えられるが…

花見

自粛など くそっ喰らえと 花見する 祈るとは 何ぞと問うと ただ祈れ 問い返すとも 祈れこそ

年年歳歳花相似

花は毎年同じ時期に咲いてくれます だから 私たちは 感謝したい 晴れ渡り 見頃の花が 宴待つ 碧空

花冷え

今日は昨日に比べてどれだけ気温が低いのか 寒いです 心配していますさっき次のようなことを知りました それは 原発事故で「自宅待機」している人達 ちょっと考えてみてください すぐに判る話ですこの地域へ誰が食べ物を届けますか 自分で買いに出かけると言…

俳句をつくろう

前に俳句と和歌について 私はこう考えるというのを書きました 俳句は景色 和歌は情を詠むとその時述べました だからこそ今俳句を作って欲しいと思います 和歌を作ると哀しい物がたくさん出てくるように思います 俳句にしたって哀しい物もありますが 景色は毎…

夜の計画停電

今日は午後六時二十分から十時までの計画停電の予定でした こうして今書いているから 解除されましたけれど 夜の計画停電はたとえ時間が判っていてもとっても怖いものです 部屋の中が真っ暗だけでなくて周り一帯が真っ暗なのです 地震当日の夜を思い出すとい…

お茶の葉の再利用

よく耳にするのが 玉露などの茶葉は使った後 酢の物にするというものです しかし 私は それを軽く絞って乾燥させてから 焙じます そうすると香水などの匂いとは異なり 柔らかい香りがして気持ちも落ち着いてきます 試されては如何ですか 魚を焼いた後は大抵…