ぶなやかた

談話室と寺子屋を開いておりますので, 気楽にご参加ください.

談話室

生まれ代って

代って? 替って? 変って? 寒くも 急な変化に 夏予感 空翠 以前は"生れ変り"と謂えば, 命あるものが対象だと何となく考えていた しかし そうではなさそう というか 何も命の有る無しには関係無かろうと思うようになってきた そこで 出た答えは "水"でした 命…

薄茶と濃茶

どう違うのか? 薄茶は通常抹茶と云ったときの茶筅で点てたものというのは理解しているけれど 濃茶は それと違っていて "点てない"で"練る"と謂うのだそうです 茶筅を使うのは同じとしても練るのだから掻き混ぜるのとは違うのは解っても まだ"?"は取れない 一…

高齢者講習

どうしようかな 対象となる年齢は てっきり75歳以上だと思っていたから 次の更新時に更新するか返納するかを決めればいいと考えていたのに 対象は"70歳以上"だった 40年近く車には触れていないから というより 触れたくないから というのが本音の私なので 今…

川越市市民講座

今年の開催は如何に? 去年は 前期・後期共に開催できなかったけれども 今年は開催でできるのだろうか それにしても 変種の脅威は当分収まりそうにもない 当初考えていた以上の期間が終息までに必要な状況になってきている 判断は市に任せるとして 準備はしな…

年男

次は12年後 当たり前の話ですけれど 果して その年が私にやってくるのかというと何やら怪しくなってくるような気がしないでもない というのが最近感じるところですね 12年前の還暦のときと現在を比較してみると 気力や脳力の衰えは感じなくても 体力というか…

トイレットペーパー 弐

気遣い? 不潔? ちょっと前に話題になったものに 使い終ったトイレットペーパーの端を折り畳んでおくという気遣いがあった 最近でも こうした行為をする人は居るのだろうか 一寸前に 何処かで読んだ気がするのは 折り畳むには当然ながら紙に触るわけだから 不…

雨降りは

大人しくオウチで 雨雲が 切れたようでも 降りそうな 空翠 ちょっと前までは 傘差してでも何とか出掛けられたけれども 最近はできなくなってしまった 哀しいかな此れが現実 こうした現実が 増えていくのが老いるという譯なんだろう ポンチョを着て自転車に乗…

季節が変る

ゆっくりなようでいて 季節は巡る 少しだけ ずれていく 空翠 立春が過ぎ もうじき雨水(あまみずニアラズ) 言葉だけで少し春を感じるようになってきたが 気温は相変らず低い 風も強くて余計に気温の低さが堪える 日の出も早くなってきて 6時半頃には明るくな…

遊び心

愉しいかそうでないか 青空に浮く雲 大風に吸われ 空翠 この句の前に次の和歌は如何でしょうか 塚本邦雄の十二神将変に出てくるものです さる歌合での二首 左東子のは鴨跖草(つきくさ) 空水のは海芋(かいう)のもので 恋の道この園に尽き鎖もて縛めらるるかに…

残りは

何とか にしんさば いわしこのわた まためぐる(鰊鯖 鰯海鼠腸 復廻る) 空翠 海鼠も旨いが 海鼠腸も格別 でも 酒を飲めなくなったから こうしたものとは無縁になりつつある 季語だらけの句とも謂えないもの識る悦びと気楽に話せる場としても談話室と寺子屋を…

眼が覚めて

カーテンの此方と彼方 幕おりて ひかり有るけど 行き来なし 空翠 こんな情景が浮んだんです ちあきなおみの喝采の景色みたいなのが識る悦びと気楽に話せる場としても談話室と寺子屋をご利用ください 談話室は成人を対象に週1回 寺子屋は学生を対象に随時開い…

チーズ

いろいろある 匂いたつ ひびきも良し チーズ摂る 空翠 匂いがいいのか 香りとすべきか 大抵のチーズにはないのかもしれないけれど 好みのチーズには 匂いがある それを食感とともに味わう識る悦びと気楽に話せる場としても談話室と寺子屋を開いております 成…

からす 烏 鴉

一羽だけなら 鴉一羽 啼かずに去ると 日が暮れた 空翠塒に急いでいたのかなぁ〜? 一羽だけなら, 恐怖感も大してない. 識る悦びと気楽に話せる場としても談話室と寺子屋をご利用ください 談話室は成人を対象に週1回 寺子屋は学生を対象に随時開いております …

久し振りの投稿

これが最後か 二ヶ月振りの投稿になります. 書くものが無いのではなくて, 逆に有り過ぎて困るくらいです. どんなものがあるのかを書くだけでも, 疲れそうです. そして, 私自身それを書く気力が失くなってしまったようで, こうしてエディタで文字を入力してい…

不安な気持を煽らないで

愉しいものを想像したい 今のこの状況を考えるからこその想いです 外出自粛それは ある程度は理解できますが どれもこれも同じ判断でしないで戴き度い いま 考えるのは 「命」なんです それは一体なんでしょうか 安心して生活できるというのが前提ではないで…

募集中止 -2020年度川越市市民講座前期-

担当課より連絡があり 今年度の前期分の市民講座が全て中止となりました 後期分については 様子をみながら判断するとの話でした 詳しくは 川越市のホームページや公民館などに発表されるようです 来年度に開けるよう期待しておきますが それまで私が無事なの…

2020年度川越市民講座

募集予定 今年度は再び数学の話題を取り上げます ひとつのテーマについて話すのではなくて 数学の中でどのような議論をしているのか そのときにどのような事柄をどのように考えているのかといった点について話す予定です 問題を解く為に とか 何かの定理を証…

酷いデマ

流されたデマ デマの怖さを痛感している デマで地域が滅びる それも いとも簡単に 騙されない その為には 情報源の確かさと 伝わってくる情報から判断するしかない 少くとも 情報源が明確でないものは アウト 情報の正確さは 言葉と文脈なり言い回しから判断…

トイレットペーパーまでも

騙されて 残りの一巻きになったので 買いに出掛けたら 今度はトイレットペーパーが ゴッゾリと失くなっていた レジに並んでいると近くの人の話が耳に入り それによると マスクの原料(?)にトイレットペーパーの原料が使われるから トイレットペーパーが......…

マスクだけでなく

呆れる マスクは相変わらず店頭からは無くなり 更に 消毒用のアルコールや除菌ウェットティッシュまでも失くなっている これらの品々は 以前から必要に迫られて使用している人なら いざしらず この期に及んで 使おうとしたって 使えるものではないと思うんで…

マスクが無い!

異常な反応 今回のウィルスにはマスクをしても防げないのに マスクが店頭から消えてしまった 感染した人の咳によって 外に出されるものが拡散しないようにする効果はあるらしいので その意味では必要だけれども 今はそうした状況にはない それなのにマスクを…

春はまだ

でも近くに 寒さも和らいだかと思ったら今頃になって厳しい日が続いたりしている それでもと謂うか しかしと謂うか 暖かだなと感じるよりも汗含む日があったりして 何を着て良いのやら悩み 挙句の果てに上着を脱いだりしている始末 所謂 三寒四温という春へ…

2019年度市民講座募集開始

4/25から5/31まで 先に紹介しましたように 今年度前期の市民講座の募集が本日(4/25)から始まりましたので 改めてお知らせいたします広報川越(No.1437)に掲載されたものを転載します講座番号:33 講座名:文書作法 内容:分りやすく文章で伝えるには何が必要かを…

2019年度川越市民講座募集

4/25から開始 申し込みをしていた市民講座が許可され 4/25から募集開始となります 内容は 文章の作成に関するものですが 所謂 作文や感想文とは異質のものです 念頭にいれているのは 説明文や報告書の作成をどのようにするのかを 技術的な問題ではなく別の観…

パン屋さん

意外なところに在りました パン好きではないけれども ときに無性に食べたくなるのです あんパンやクリームパンも好きですけれど 無性に食べたくなるのは フランスパンやドイツパンのように表面の硬いパンです 表面は硬くとも 中はもちもちとしているのが好き…

よく

漢字では? 次のものが思い浮かぶでしょうか? 良く 善く 好く 能く 克く 避く 除く 翌 翼 欲(慾) 浴 思い付くのは この程度です ここで考えたいのは 欲(慾は欲の俗字なんだそうですが 下に心が付くのが 何やら意味がありそうで....)です 大抵の人に この欲が…

談話室の案内

改めて紹介します 通常はTeXで書いたものを印刷して配っているのですが ここでは テキストで書いたものを載せておきます(画面によって大きさが左右されてしまうので 本文がはっきり判るように テキストにしました 下にtexで書いたものをpdfにして 更にjpgへ…

来年度の川越市民講座

説明会が開催される 市民講座を開こうと考えている人に対しての説明会があると広報誌に載っていたので その積りでいましたら 担当課から 封書で案内が届きました 去年もこうした会を開かれたのでしょうが 引越してきて間がなかったので記事を見落していたの…

TeXの使用

どの位使われているのだろう TeXを使う人は 数式を扱う人の一部だとは思うけれど 数学の人が全員使っているのかといれば 必ずしも そうとは限らないだろう 今どのような 数式を書くソフトがあるのか 解っていないので 何ともいえない 以前物理の人と話したと…

今の状況

これでいいのかナ最近の報道をみていると 何だか全てが済し崩しのように感じてならない 善悪とか真偽といったものが何処かへいってしまって 序々に 悪い方へと進んでいる それは この国に限っていなくて 世界中がそうした動きではないかと思えてしまう 声を…